アルコール依存症

アルコール依存症とは

アルコール依存症とは、名前通りアルコールから抜け出せなくなることですが、薬物依存症として位置付けられています。
起きているあいだはお酒が欲しいという感情に支配され、お酒がないと心身共にこらえられなくなった状態を指します。
症状が重くなると禁断症状が起こり、何としてもお酒を手に入れようと暴力的になってしまう人も大勢います。
アルコール依存症という病気で苦労する点といえば、お酒を摂ったとしても落ち着いた状態にならないことです。
飲み始めるとコントロールができなくなりますから酩酊状態になるまで飲み、自分以外の人に害を与えてしまいます。
アルコールが抜けると失態を演じてしまったことを気にやみ、そこでまた飲酒に逃避をしてしまい負の連鎖を繰り返します。
麻薬などと同じくアルコール依存症もまた禁断症状が出る場合があって、幻覚や幻聴に苛まれている人も多数いるのだそうです。
それから免れたいがために、飲酒行動をとるというサイクルになります。
こうした状況を作り出してしまうと、飲酒を辞めることを自分の力でやることが不可能となります。
アルコール依存症という病気で苦労する点といえば、本人が依存症だという状況がわからないことにあります。
アルコールを摂りたいから飲んでいると解釈しているので、依存症になっていることに気付かないのです。
本人が依存症と認めてくれないと、治療を始めることができません。
アルコールに依存していることを本人に分からせることが治療の入り口となります。
自分の体が依存症によりどのようにおかしくなっているのか、周りの人が自分の依存症にどんなに迷惑しているのかということを気付かせてあげましょう。

 

腎臓に効くサプリ