日本におけるアルコール依存症

日本におけるアルコール依存症

お酒を購入することがたやすくできる日本はアルコール依存症になりやすい国と言えます。
実際のところ、アルコールを飲用しない国では、アルコール依存症自体が存在しません。
アルコール依存症患者からすると、アルコールをやすやすと所有することのできる日本というのは、治療が難しい環境であると言えるでしょう。
社会的及び文化的に良くない土壌がありますが、他にも依存症になる確率の高い場合があります。
例えば、アルコールを扱う仕事をしている人の場合危険度が高いと言えます。
アルコールを取り扱う職業は、調理・飲食における接客業などがあります。
お酒と関わりのない職業だとしても、身体に負担の大きい職業だという人もアルコール依存症になりやすいと言われています。
長時間過剰に緊張した状態でいて、アルコールで紛わせようとするためだと言われています。
これ以外に、家庭環境とアルコール依存症というのは、深い繋がりがあると言われています。
とあるデータでは、幼少時代に両親に愛情たっぷりに育てられなかった人の半数以上が依存症を患う可能性が高いという数字が上がっています。
精神分析に関しては、精神的に幼稚で情緒不安定な人や、甘ったれた人が患う可能性が高いと知られています。
現実から逃げたくてお酒を口にし、お酒に依存しないと自分を維持できなくなってしまうのです。
依存症になってしまうアルコールの量には個人差があり、ちょっとした量であってもあっけなくアルコール依存症を患ってしまう場合もあります。
その反対で、強いとか弱いとかを抜きにして、どれだけ飲酒しても依存症に陥らない人もいます。
周囲の人が飲んでいるお酒の量以下であれば、アルコール依存症になることはないというものでもないのです。
どのような人だって依存症にかかる恐れがありますから、気を付けましょう。