女性のアルコール依存症

女性のアルコール依存症

女性はアルコールに弱い体質だと言われ、アルコール依存症を引き起こすと身体に甚大なダメージがもたらされてしまいます。
女性がアルコール依存症に陥りやすいと言われているその理由は、アルコールの分解を行うことが難しい体質だからです。
女性ホルモンが仇となりアルコールの分解を邪魔してしまうからです。
アルコール依存症に陥った女性は、病気が進む速さは男性を上回りあっという間に悪化してしまうことが判明しています。
男性よりもお酒を飲んでいないのに重大な依存症になってしまう例もあり、女性は用心しなければなりません。
キッチンドリンカーとは、家事の合間などにキッチンで飲酒をするアルコール依存症の呼称で一般的に女性に使用される言葉です。
料理の途中でキッチンに取り揃えられている料理に用いるお酒やワインが仇となって、アルコール依存症に繋がる可能性があります。
引き金は味見でも、依存症に進行すると料理に関係ないお酒を持ちながら料理を行うようになります。
妊娠中にお酒を飲むのは厄介で、お腹の子どもに発育障害や知能障害というような悪い影響を与える可能性があります。
いくら妊娠時はストレスまみれになるとはいえ、アルコールは避けるように心を強く持つことが大切です。
子育ての真っ只中にある女性のアルコール依存症も切実なトラブルとなっています。
特に母乳を与えているお母さんは、母乳にアルコールが混ざってしまうことから飲酒を抑えないといけません。
母乳は、母親の血液から形成されるものなので、お酒を飲んで8時間経ってから授乳することが理想的だと伝えられています。
授乳中の母親が8時間経過しないと母乳を与えられないのでは、母乳育児そのものを続けられるか怪しくなってしまいます。
それから、お酒を飲むことによって酔っている状況では、正しい育児が行えなくなってしまいます。
自分の子を健全に育てる上で、妊娠及び育児の間はアルコールは断たなければなりません。